FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして、今

2009/12/29(火) 07:34:47
こうして、一連の流れは、このブログの一番最初の記事へと、結びついてゆく。
最初の方の記事を自分で読み返してみると、わたしはまだまだ、Sに気持ちが残っている様子だ。
けれどもそれも、今にして思えば、Sを憎みたくない…という一心で、己に一生懸命、言い聞かせていたのもあるだろうと思う。


そして、現在。
彼との付き合いは、もうすぐ2年になろうとしている。
わたしは、自分の住む場所がどうなるか判らず、仕事も辞めて、失業者として暮らしている。
けれども何故か、心の中には、光が満ち溢れている。
自分が、どういう風に生きていきたいか、それを見付ける事が出来たからだと思う。


職を失って暫くしてから、彼が、わたしに訊ねた。
わたしの家で、対戦ゲームをして遊んでいる最中だった。

  お前、今でも死にたい、とか
  考える事あるのか?


  ん…?
  そう言えば、最近はあんまりないかな…。
  たまーに、ふと考える事もあるけどね。


  そうか。
  もしもお前、自殺するなら、
  今から言う事は、必ず守って貰う。


  …なに?

  まず、携帯からもPCからも、
  俺に関するデータを完全に消去する事。
  俺んとこに警察が来たりとか、
  そういうのは迷惑だ。


  …ん、わかった。

  それから、これが一番大事なんだが。

  うん。

  PS3を、俺んとこに持って来ておく事!

わたしは、一瞬絶句した後、爆笑した。
少し離れた場所で寝ていた犬が飛び起き、尻尾をブンブンと振りまくりながら、彼とわたしの間にドカンと割り込んで来た。
こいつは、わたしたちが笑っていると、自分もとても楽しい気分になる様で、こうして無理やり参加しようとするのだ。
お陰で、並んで床に座っていたわたしたちは、軽く吹っ飛ばされて転がる。

  だって死ぬんならもうゲーム要らねえだろうが!
  俺が、お前の分も、たっぷりと
  楽しんでやるからよ!


彼が、体勢を立て直しながら、言う。
わたしは、犬に顔面をベロベロ舐められながら、笑い続ける。
そして、答えた。

  うん、わかった。
  ソフトも忘れずに、一緒に持って行くね!








得る

2009/12/31(木) 05:21:28
この時以降、Sとの会話の回数は、目に見えて減っていった。
ただ単に、社会人らしく規則正しく生活しようとしたら、そうそう頻繁にメッセンジャーで話し込む訳にはいかなくなった…というのが一番の理由ではあったが、これ以上Sに失望する機会を作ってしまいたくない、という意識があった事も、否定できない様な気がする。

それでも尚且つ、心はSに支配されている…と思い込んでいたのは、おそらく、彼、Tさんに、全身全霊で縋り付いて良いものかどうか、まだ判断出来ていなかったからに過ぎなかったのだろう。



しかし、ここで事態は急変した。
彼にこのブログを読まれ、その結果、初めてお仕置きを受けた事である。

そしてこの時に、彼に依存してしまいたい…というわたしの本心は、彼に見透かされ、その上綺麗に拒否された。

彼が否定したのは、わたしの、ものの考え方だった。
そういう考え方をするわたし自身を、否定したのでは、なかった。

この瞬間から、わたしの中に、今までわたしが感じた事のないものが芽吹き、その後の彼との付き合いの中ですくすくと成長し、そして今現在のわたしを構成する重要な要素となった。



彼は、言った。
俺は、お前自身を写す鏡だと。
彼のみならず、周囲の人間も、そうなのだと。

今、こうしてSとの間であった事を書き綴ってきて、わたしは、あの言葉の意味を、骨身に沁みて実感した。

Sは、他人の相談に乗ったり、他人の揉め事に介入して活躍したりする事で、自分自身を確認していたのだと思う。
そして、女の相談は共感を求めているだけという一般論に従い、わたしの話には相槌と慰めだけで応じた結果、半ば聞き流しているに近い状態になっていたのだろう。
そんな相手がわたし以外にも沢山居た訳だから、わたしの状況など一々覚えている筈も無い。
誰かの相談に乗る自分。
悲惨な動画に心を痛める自分。
そういう自分を確認し、愛そうとしていたのだと思う。

そんなSに縋り付いていたわたし自身は、どうだっただろう?
自分自身を、殺してしまいたい程に嫌悪していて、他者に依存し他者に必要とされる事で、自分の存在を許容したいと考えている、自己中心的で、愚かで、醜い女。
それが、あの頃の、わたしだ。

書けば書くほど、己の醜さが浮き彫りとなってきて、あまりの恥ずかしさ情けなさに、記事を全て削除してしまおうかと考えもした。

けれども、この醜さを、わたしはきちんと直視しなければならない。
二度と同じ轍を踏まぬ様、書き残す事で自身の中に刻み付けなければならない。
記事を削除して無かった事にしてしまったら、今手中にしているものの事も、いつか見失ってしまうだろう。
この一連の出来事で、わたしは、わたしの核とすべきものを得たのだ。
これを手放す訳には、いかない。
絶対に。


自信。


これが、わたしが手に入れたものである。





自分のために

2010/01/06(水) 00:11:24
病院で、カウンセラーさんと話していて、気付かせて頂いた事がある。

それは、わたし自身が決断して行動に移した時には、
必ずと言って良い程、事態が好転する事だ。
好転まではしなかった場合でも、必ず何か得るものがある。

それが一番実感出来るのは、彼だ。
わたしからメールを出さなければ、
彼との出逢いが無かった事は、間違いない。

逆に、周囲の言うなりになった結果や、
わたしが甘えたくなって周囲に流された結果は、
不思議な程に、後々にわたしを苦しめる事に、なっている。

このパターンを一番実感出来るのは、Sだ。
乗り気でなかったわたしとメッセで繋がる為に、
他の友人を使うという方法でアプローチされ、
断り切れなくなって渋々応じた結果が、これだ。

その他、仕事に関してもプライベートに関しても…。
振り返って見れば、本当に、見事な程
カウンセラーさんの指摘の通りなのである。

そう言うカウンセラーさんにしても、
自分が注意欠陥障害ではないかと気付いた際に、
そのまま二次障害に突入してうつ状態に陥り、
幻聴らしきものまで聞こえ始めた時、
このままでは拙い、と、ネットで情報収集した結果、
選んで通院し始めた病院で出会った人なのだ。

精神を病んだ場合、医師やカウンセラーとの相性が悪く、
病院ジプシーとなってしまうケースも多い…と聞く中で、
初めて行った病院で、そのまま頼りになるケアを受けられるというのは、
きっととてもラッキーな事なのだと、常々思っていた。

よくよく考えると、結婚にしても、そうだ。
わたしは、自分で、この人と結婚したいと決めて、
元夫に接する様になった。
結婚生活中や、離婚に至る過程で、
悲しかったり悔しかったり、落ち込んだり怒り狂ったりもしたし、
今は莫大な借金を押し付けられ、
生活の基盤を破壊されまでしているけれど、
結婚生活そのものを記憶から削除してしまいたい、とまでは、考えていない。
あれだけの期間、無駄に過ごしてしまった…とは、考えられないのだ。


今までのわたしは、自分の力で何かを為し得ても、
それはわたしの力ではない、と否定されてばかりいた。

学業の成績を、着実に上げていった時。
母は、今回は周囲の成績が悪かっただけだと言ったり、
一番ではないから意味が無いと言ったり、
時には、神様のご加護のお陰だなどとも言って、驚かせてくれた。

会社を興して、何とか軌道に乗せた時。
元夫は、わたしが優れた経営者だからではなく、
自分がブレインについているからこそ出た結果だ、と言った。

わたしは、自分に自信を持つ機会を、悉く奪われている状態だったのだ。

けれども、わたし自身が行動を起こせば、
何か必ず良い結果を生むものがある。
己の選択に、わたしはもっと自信を持っていい。
自信を持って、生きていっていい。


わたしは、わたしが快適に暮らせる生活を構築する為に…
自分で考え、自分で決めて、仕事を始める。


デリヘル嬢。


それが、わたしが決めた、わたしの新しい仕事である。






職業は、女。

2010/01/06(水) 03:33:51
わたしが、わたしの好きな様に生きていく為の選択肢が、何故デリヘルなのか。
それはやはり、わたしの注意欠陥障害と、深く関係がある。


一昨年、わたしは彼と、ダイエットすると約束した。
そして、一昨年から去年にかけて、本格的にダイエットを始めた。
いっときは、順調だった。
けれども、あともう少しで目標体重になる…という時に、事態が変化した。

仕事の派遣先が変わり、日常的に、掃除をしなければならなくなったのだ。

もっとも、普通の事務員をやるのであれば、掃除は、仕事内容に当然組み込まれるべき事だ。
それまでの派遣先は、わたしに出来る範囲の掃除内容でも文句を言われる事は無かったが、次の派遣先の長は、少し潔癖なところのある人だった。
毎日の様に、あそこを掃除して、ここの掃除が出来ていない…と、言われる様になった。

それまでのわたしの頭の中は、仕事の段取りと、ダイエットの為の行動の段取りを、組み立てていれば良かった。

そこに今度は、文句を言われない為の掃除…という、わたしの天敵と言っても良い段取りを、組み込まなくてはならなくなった。
わたしの脳はオーバーフローし、ダイエットに関する事を、考えられなくなった。
そして、実にあっけなく、リバウンド…。


去年中に、目標体重への到達とその維持が出来なかった場合は、わたしを棄てると言っていた彼が、言葉通りにしなかった理由は、簡単だ。

今、彼が気に入っているゲームの、対戦相手に困るからである。

わたしを縛ったり鞭打ったりして遊びたいという欲求は、完全に失せたと言い、セックスの回数までも、減っていった。


家を失う日程がはっきりと決まった頃、わたしは、掃除掃除と言われ続けた事も手伝って、かなり精神状態を悪くしていた。
もうこれ以上、今の仕事をしながら、新しい家を探して引越しして…という苦境を乗り越える事は不可能だと判断し、派遣契約を更新せず、失業者となった。

困った事になったけれど、きっと親戚が助けてくれるに違いない、という甘えや期待は、あっさりと打ち砕かれた。

そうなって初めて泡を食い、オロオロとして泣き付いたわたしに、彼は言った。


自分に正直に、やりたい事をやって生きろ、と…。


わたしは、思案した。

まずはやはり、彼と共にいる事。
次に、犬や猫と暮らせる環境。
これは、今の生活から失いたくない。

そして、やりたい事は、お金を稼ぐ事と、彼が喜んで遊びたくなる様な身体になる事…。

ならば…。
体型と美容に気を配り、彼好みの女になる事を、いっそ仕事にしてしまってはどうだろう。
そうすればわたしは、常にダイエットの事を最優先で考えていていい生活が、出来る。
それに、風俗ならば、事務職などよりは短い拘束時間で同じだけの金額を稼げるだろうから、ダイエット以外の事をしたい時間も、多く取れそうだ…。

そんな事を考えていた時、彼が、言った。

  お前、次の仕事、デリヘルなんかどうだ?
  今のままじゃ売れんだろうから、
  ダイエットもしなきゃならんし、
  稼ぎも普通の仕事よりいいだろう。
  一石二鳥なんじゃねえの?


本当に、何と言うタイミングだろう。

どうしてこの人は、常に絶妙のタイミングで、わたしの背中を押してくれるのだろう。

  それ、わたしも考えてた。
  やってみていい?


  おう、やれよ。
  やって、エロくてイイ女になれ。
  お前がどんな風に変わるか、愉しみだぜ。



決心は、ついた。

念の為、カウンセラーさんにもこの決意を話してみた。
そうしたら、前のエントリーの様な事を言われたのだ。

こうしてわたしは、熟女デリヘルで働く事になった。
職業は、女。
女であり続ける事…。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。