FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の来訪......(2)

2008/09/04(木) 11:54:05
彼から、メールが入る。

  今、○○に着いた。
  先っぽが入ったぞ♪


わたしの家から、1時間ほどの所だ。
家に来る事を、セックスに擬えている様子だ。
相当ウキウキしているらしい。
わたしは、沈痛な気持ちのまま、時折疼痛の走る下腹部を抱え、横になっていた。

あと1時間で…彼との関係が終わってしまうかも知れない。
それは、とても深い絶望だった。
彼を失ったら、わたしはこの先どう生きていけば良いのだろう。
せっかく、生きていく事に前向きになれたと言うのに…。

  ○○だ。
  半刺し♪

  ところで、迎えに来てくれるんだろうな?


そのメールを見て、身体を起こした。
あと30分程で到着する。
どこに迎えに行けば良いのだろう。
彼が今居る場所に向かえば、すれ違いになる可能性が高い。
以前から二人で時々利用していた、わたしの家の近所のドライブインで待つ旨メールをし、車に乗り込んだ。

駐輪所の見える場所に車を停め、車内で待つ。
彼のバイクが、入ってきた。
わたしは車を降りて、ゆっくりと彼に向かって歩いた。
彼もすぐにわたしを見付け、ヘルメットを脱いでニヤリと笑った。

  …おはよ。

  何て顔してんだ。
  夕べは眠れたのか?


  …あんまり。

  だろうな。

彼は、実に嬉しそうにククッと笑った。

  …さて。

  行く?

  いや、ちょっと待て。

横のコンビニに入り、アイスクリームを買って戻って来た。
バイクの横で、ゆっくりとアイスを味わい始める。
時々、わたしにも差し出してくれるので、口を開けて食べる。
冷たい…としか、感じない。

食べ終わると、ゴミをゴミ箱に捨てて、伸びをした。

  …さぁて。

  行く?

  いや、昼飯食いに行こうぜ。

  …まだそんな時間じゃないよ。

  そうか。
  じゃ、茶ぁ飲みに行こうぜ。


  ええ?

彼の、ニヤニヤと嬉しそうな表情を見て、気付いた。

  もう…わたしをもっと甚振ろうって腹でしょ?
  刑の執行までわざと時間をかけようとしてるね?!


彼が大笑いする。

  バレたか。

  そりゃバレるよ!
  ここまで来たら、もういいよ!
  さっさと済ませようよ。


  わかったわかった。
  じゃ、行くか。
  先導しろ。


  …はい。

ドライブインを出発した。
いつもと変わらぬ、明るい表情の彼。
わたしの家を見た時、彼はどう変化するのだろう。
想像することが、怖い…。


家には、すぐに着いた。
まず彼が目にしたのは、全く手入れをされておらず、雑草が蔓延った庭だ。

  ほほう…。

彼は、家の周囲を見渡し、庭をゆっくりと観察している。
一体何を考えているのか…。
その表情からは推察できない。

暫く庭を眺めた後、彼は、玄関を顎で差した。

  開けろ。

  …はい。

開錠し、ドアを開ける前に、彼を振り返る。

  …本当に凄いからね。
  病気になっても、知らないからね。


  いいからさっさと開けろ。

  …はい。

大きく深呼吸をし、わたしはゆっくりとドアを開け、彼を招じ入れた。




彼の来訪......(3)

2008/09/05(金) 14:35:53
玄関に入った彼は、物珍しげに周囲を見渡した。

  かなり動物臭いと思うよ。
  すごく埃っぽいし…。


ぐだぐだ言い訳を続けるわたしには、全く反応しない。

  本当は…注意欠陥障害で動物飼うなんて、
  無謀なんだと思うけど…掃除出来ない癖に…
  毛だらけで凄くて…でも…生き物大好きだから…


  このまま上がっていいか。

わたしの言葉を遮った彼が、軽く片足を上げた。
土足のまま上がろうと言うのだ。
そして、普通の神経の人になら、そう言われても文句は言えない程の状態。
それが、わたしの暮らす家だった。

  …うん。

彼は、靴箱の上に置いてあったマグライトを手に取り、眺める。

  そ…それは夜に犬の散歩をするのに使うの。
  この辺、街灯がなくて真っ暗になるから…


  それ何だ?

  バ…バリケン。
  バリケンネルっていうの。
  犬を隔離する時に使うの。
  本当は玄関なんかに置きたくないけど、
  重くて一人では動かせなくて…。


彼は、マグライトを点灯させると、洋画に出てくる闇夜の警察官の様に、肩の辺りに掲げて周囲を照らした。

  …何してんの?

  探検だからな。

  ………。

ゴッ…ゴッ…という靴音をゆっくり響かせながら、彼は家の中に歩を進める。

  あっ、(犬の名)。
  檻に入れられてる…。


  留守にする時、短い時間なら檻に入れるの。
  自由にさせとくと色々悪戯されるから。
  出してやっていい?


  ああ。

犬は、彼の事を憶えていたらしく、檻から飛び出すと彼に駆け寄り、全身で再会の歓びを表現する。

  よしよし(犬の名)。
  後で遊んでやるからな。
  今はおとなしく待ってろ。
  お…猫も出て来た。


その言葉に、わたしは驚いた。
かつて、この家にまだ訪問者が出入りしていた頃、この猫は、来客がある度に二階に隠れ、決して姿を見せなかったものだ。
それが、興味津々といった表情で彼を見つめている上、怯えも警戒もせず、機嫌もかなり良い様子だった。

  …Tさん、凄い…。
  このコが初対面の人に
  こんなに友好的なの、初めてだよ…。


  ほほう、そうか。


それ以降、彼が向かう所全てに、わたしと犬と猫が着いて回る事となった。
彼が目を留めるものに、わたしが様々の言い訳をする。
時折、彼が『あれは何だ』と訊く。
わたしが、説明と言い訳をする。
彼は、衣装箪笥の引き出しまでチェックする。

  ちょっと!
  そんなトコまで…
  ドラクエじゃないんだから…


押さえようとするわたしの手を、彼が振り払う。

  全部見せろと言っている。

  でも…

  うるせえ。
  黙ってろ。


長い時間をかけ、彼はわたしの家を隅々まで見て回った。
その間、一言も感想めいた事は口にしなかった。
やがて彼は居間に移動し、かろうじて人一人座れるスペースを保持していたソファに、どっかりと腰をおろした。




彼の来訪......(4)

2008/09/06(土) 11:29:01
わたしは、彼の前の床に座った。
ホテルでのいつもの状態だ。
彼は薄く微笑み、靴を履いたままの足をわたしの肩に乗せた。

  なんとも言えん表情だな。
  俺が何を考えているか…
  不安で、怯えてて、悲しそうで…。
  …いい顔だ。


黙って、彼を見上げる。
どういう判決を下されるのだろう?
彼の瞳の中の感情を読み取ろうとして、目をこらす。
少なくとも、こんな汚濁の中で生活しているわたしを蔑む光は、浮かんでいないと感じた。
それだけでもわたしは、少し安心する事が出来た。

けれども彼は、表面上は何事もなかった様に振舞いながら、心の中ではお仕置きする事を決定していたりする人だ。
そういう風に見えるからと言って、本当にそう感じているとは限らないのだ…。

彼は、視線を室内に走らせ、何事かを思案している。
判決は中々下らない。
わたしは、段々焦れてきた。

  …それで…判決は…?

遠慮がちに、催促する。

  判決か…?

彼は、足を下ろすと身体を起こし、ぐっとわたしの方に乗り出した。
緊張が、わたしの身体を走り抜ける。

  ………。

  ………。

  ……すっげぇ、楽しい。

  …へ?

予想もしなかった返答だった。
彼は、ニヤーっと笑う。

  この家、俺が好きにしていいんだろ?
  別荘に改造してやる。
  すっげぇ楽しみだ。


わたしは、唖然とする。

  ガキの頃作った秘密基地を思い出すなぁ。
  よし、さっそく始めるぞ。
  まずは、俺が取り敢えず寛げる場所を作る。


彼が勢い良く立ち上がる。
状況がよく飲み込めないまま、わたしもつられて立ち上がる。

  ここいらの本を入れるから、
  箱か袋を用意しろ。
  それから、デカいゴミ袋と雑巾だ。


  あの…それは…。
  わたしは…棄てられないって事…?


  ああ。

  …凄い汚してるって、思わなかった…?

  んー…まぁ想定の範囲内だな。

  …わたしの事、嫌いになってないの…?

  いいや?

別荘にすると言うからには、今後もわたしと関わり続ける気だということだ。
つまり彼は、わたしのこの家を見ても、軽蔑したり嫌悪したりせず…それどころか、一緒に掃除をしようと言ってくれているのだ。
しかも、とても楽しそうに。

ようやく、状況が飲み込めた。

彼は、わたしを、拒絶しなかった。
非難すら、しなかった。
わたしは、彼にしっかりと抱き付いた。

  おいおい。
  行動開始だっつってるだろうが。


彼が、笑う。
何も言うことが、出来なかった。
ただ、抱き締めた腕に、力を込めた。




片付け......(1)

2008/09/16(火) 16:25:38
早速彼は、テキパキと動き始めた。
小さめのダンボール箱や紙袋をわたしに用意させ、

  ここにある書類は、全部これに入れるぞ。

とか、

  これには本を入れていく。
  後でまとめて本の部屋に移す。


とか言いながら、その手を休める事は無い。

最初は、彼の周囲をウロウロしていたわたしだが、生理痛がぶり返して来て、呻きながら蹲ってしまった。
そんなわたしの傍らにしゃがみ込み、無造作に髪を掴んで顔を上げさせる。
わたしの苦痛の表情をざっと観察した後、徐に口を開く。

  痛むのか。

  …うん…。

  どんな痛みなんだ?

  …んー…。
  とっても鈍い痛み…。
  例えるなら…んー…。
  …鈍りまくった刃物で…。
  子宮をグリグリ抉られてる様な…。
  そんな感じ…。


  ほう…。

彼の表情に、じわじわと喜悦の色が広がってゆく。
それを見ながらわたしは、本当にこの人は、わたしが苦痛に苛まれるのを見るのが好きなんだなぁ…と、他人事の様に考える。
突然彼は、子どもが興味を失った玩具を放り出す様に、わたしの髪から手を放して立ち上がった。

  もういい。
  お前はそっちでくたばっとけ。


  え…。

彼がわたしに、横になっていても良いと言っているのだと気付くまでに、少し時間がかかった。
苦しむわたしを見る事を愉しむ彼が、わたしに、楽にしていていいなどと言うとは思わなかったのだ。
とは言え、やせ我慢が出来る程の体調ではなかったので、お言葉に甘えて、床の上に横にならせて貰った。


彼が片付ける物音。
彼に着いて回る犬の、せわしい足音。
彼の鼻歌や、犬に話しかける声…。

下腹部を抱え込み、カブトムシの幼虫の様な姿勢で転がったまま、ぼんやりと耳を傾ける。
ふと、目の前に転がっていた本を手に取り、パラパラとめくる。
そのまま、読書に軽く没頭してしまう。


  てめえ。

突然、彼の声が頭上から飛んで来て、頭を踏まれた。

  俺を働かせておきながら、
  てめえは読書たぁいい度胸だなぁ。
  あ?


  ご…ごめんなさいごめんなさい。
  ついつい手持ち無沙汰で…。


満開の笑顔でわたしの頭を踏みにじり、表情を変えぬまま足をどけると、言う。

  …いいなぁ。
  土足で踏める女。
  愉しい。


言われてみると、彼はまだ靴を履いたままだった。

以前のわたしなら、誰かにふざけて足で突かれただけでも、むっとしていた。
それが、彼になら何をされても、不思議なくらい怒りを感じない。
不快感を得ても我慢するのではなく、不快感すら無いのだ。
これが、彼の全てを受け入れるという事なのだろうか…?

  まあいい。
  お前はそうして好きな事して
  くたばってろ。
  俺も好きにやらせてもらう。


機嫌よく言うと、彼は再び片付けに向かった。
彼の後ろを、犬が、弾む様な足取りで着いて行った。




取捨選択

2008/09/24(水) 11:24:55
離婚によって…根底から崩壊した、わたしの生活の基盤。

自分にとって、何を一番優先させる生活がいいのか…。
熟考しなくてはならない。


独力で暮らしていける住処を手にしたければ…

犬や猫と共に暮らす田舎暮らしを
棄てねばならない。


犬や猫との田舎暮らしを守りたければ…

一人で静かに暮らす事が
出来なくなるかも知れない。



彼の傍で、生きていたい。



この渇望がなければ、
わたしはとっくに
生きる事を放棄していたに
違いない…。




再起

2008/09/29(月) 13:53:25
どんな仕打ちをされても、それがわたしに相応しい罰…。
妻として正常に機能しなかったわたしが受ける、当然の報い…。

そう考えて、耐えてきた。
耐えねばならないと、己に言い聞かせていた。
だからこそ、自分だけを護る為に牙を剥き出して闘う事に、強い躊躇いが、あった。

けれども…。

それらは、ほとんどが、嘘だった。
わたしを意のままにコントロールし、自身の安楽と引き換えにわたしを犠牲にする為の、誠意を装った、嘘だった。

それがはっきりした今、もうわたしは、闘う事を躊躇しない。


そして、これらの嘘が発覚した事で、わたしは少しの自信を持つ。
わたしの、人を見る目や直感力は、そう棄てたものでもない事が判ったから。
これでわたしは、わたしを少しだけ信じる事が出来る。


  お前は、俺の伴走者。
  着いてこられなくなったら置いていく。
  俺は、立ち止まりはしない。


そう言ってくれた彼と、どこまでも一緒に走りたい。
その為には、万難を排除する。

今…漸くわたしは、自分の望む進行方向を、真っ直ぐ見据えながら立ち上がる事が出来たと感じる…。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。