FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点検の時

2009/03/10(火) 22:50:48
  お前、本当に痩せたな。

わたしの服を脱がせ、身体のあちこちを撫でさすりながら、嬉しそうに、彼が言う。

けれど、体重だけから言うと、彼に出逢った頃より少し軽いという程度だ。

  ああ…そのくらいかな。
  だが、乳の形は、あの頃よりもいいぞ。


言いながら乳房を握り締め、揉みしだき、食らい付いて乳首を舌で転がす。
思わずのけぞったわたしの口から、甘い喘ぎ声が漏れる。
歯を立てられて、小さく悲鳴を上げる。

  そう言えば、俺の隣な。
  先週、引っ越してったんだ。


彼の部屋は、角部屋だ。

  え、それじゃ…

  ああ、ちょっとくらい声を出しても
  大丈夫だろう。


言いながら彼は、ベッドに寝転がって、下半身を露出する。
続いてベッドに上がり、彼の股間に蹲るわたしは、もう既に全裸だ。
彼のペニスを口に含み、唇をすぼめて吸い上げ、チュポッと音をさせて口から抜く。
もう一度根元まで咥え込み、繰り返す。
たちまちのうちに、彼のペニスが熱を持ち、膨張していく。
陰嚢の下からペニスの先端まで、柔らかいソフトクリームを味わう様に舌を這わせ、先端部で下を尖らせ、チロチロと蛇の様に動かす。
もう一度根元まで口に含み、しゃぶり上げる。
繰り返す度に、わたしの喉の奥の圧迫感が、増していく。
それでもわたしは、何とか彼を根元まで飲み込もうとする。
噎せ返り、口の中に粘り気のある唾液が満ちる。
頭を動かす速度を、少しずつ上げていく。
根元を握った指に、ペニスを伝って滴り落ちた唾液が絡み、潤滑油の役割を果たす。
八重歯を抜いたわたしの意識は、もう余計な事に煩わされない。
唇と舌と指で、思う存分彼を扱き、愛撫する事に専念できる。
それがとても嬉しくて、わたしは夢中でフェラチオに没頭する。
そうしながら、彼のペニスはここまで硬かっただろうか…と、ちょっと目を瞠る。
少なくとも、ここ久しくこんな状態になった事は、ないのではないか…。

彼がわたしの髪を掴み、起き上がる。
そのまま無造作に後ろに突き飛ばされるから、わたしは仰向けになり、足を広げて彼を待つ。
彼がのしかかって来て、ヴァギナに先端が挿れられる。

  今日は、じっくり責めてやる…

低く濁った声で、彼が囁く。
その言葉通り、ゆっくり、ゆっくり、ペニスが前進する。
ヴァギナに、めり込んでくる。

  あ…あ…ぁ…

わたしの声が、どんどん高くか細くなっていく。
背中に力が入り、ビクビクと震えてしまう。
やっと彼のペニスが全てわたしの中に挿れられ、ぐいっと彼が腰を押し付けた時、わたしは、溜め息の様な悲鳴と共に、絶頂に達していた…。




ダイエットの副産物

2009/03/20(金) 21:12:23
ゆっくり、ゆっくりと、彼の抽送が続く。
凶悪な程の硬さと熱さが、わたしの中をゴリゴリと削る。
わたしの身体は、わたしの制御下から完全に逸脱し、痙攣と、緊張と、弛緩を繰り返す。

  絡む…。

彼が、小さく呟いた。

  え…?

  運動している効果だろう。
  締まりが良くなって、
  俺のチンポに絡み付いてくる…。


ダイエットに、そんな付加価値があるとは知らなかった。
運動しているとは言え、今はまだ、しないよりはマシ、程度の運動しか出来ていない。
本格的に身体を動かす様にして、もっと筋肉をつけたなら、彼にどれほど悦んで貰えるだろうか。

彼が、抽送を止め、大きく息をつく。

  逝っちまいそうだ…。

  逝って。
  たくさん頂戴…。


前に彼がわたしの中に出したのは、いつだったか…。
ちょっと思案しただけでは思い出せぬほど、前の事だ。

彼は、逝くのは好きじゃないと言うけれど、わたしは、中で逝かれるのが好きだ。
ヴァギナに意識を集中して、ペニスが迸らせながら、ドクン、ドクン、と脈打つのを感じるのが、大好きだ。
思えば、元々中に出されるのが好きだから、彼の玩具になると決めた時、躊躇いもせず避妊リングを入れたのかも知れない。

けれども、彼は、すぐに抽送を再開し始めた。
その表情から、逝く気は無い事と、既に波を乗り越えてしまった事が窺われ、わたしは少しがっかりする。
微かな落胆はすぐに、彼からもたらされる快楽に押し流され、わたしは再び、彼の鉱物的な瞳の色を浴びながら、身悶える。

彼が、唇を重ねてくる。
愛ゆえの行為ではないだろう。
単に、わたしの口を塞ぎ、漏れ出る喘ぎ声を封じようとしているに過ぎないだろう。
それでも、彼に貫かれながら受ける口づけは、わたしの意識を益々白濁させ、更なる昂ぶりにわたしを導く。

彼が、大きく体勢を変えた。
その途端、未知の感覚が、わたしの身体を縦に引き裂いた。
わたしは、目を見開いた。
喉が、引き攣った。




効果

2009/03/26(木) 00:46:33
彼が、わたしの両足を肩に担いだまま、両手を私の肩の上についた。
わたしの身体は、完全にふたつに折り畳まれた状態だ。
その体勢で、わたしのヴァギナに上から突き立てる。
深く。
深く…。

男性上位の正常位で、そんなに奥まで突かれたのは、初めてだった。
彼が腰を押し付ける度に、わたしの奥底が、突き破られそうになる。
鈍痛が、走る。
わたしの身体を、電撃の様に縦に駆け抜け、脳に届いた時にはその鈍痛は、快感へと変換されている。
理性は、完全に霧散する。
わたしは、只の女性器になって、彼のペニスを、彼の抽送を、貪るだけの存在になる。
彼は、ゆっくりと、けれども力強く、抽送を続ける。
まるで、わたしの奥底を確認しながら、押し込もうとしているかの様だ。
狂乱するわたしを、無表情に見下ろしながら、黙々とわたしを穿ち続ける。
凄い、凄い、凄い…。
痛い、痛い、痛い…。
気持ち、いい、いい、いい…。
それしか考える事が、出来なかった。

突然彼が、くすっと笑った。
動きを止める。

  お前、いくら何でも…

そう呟くと、視線を上げて周囲を見回す。
再びわたしに視線を戻すと同時に、わたしの口にタオルを押し込む。
自分が、いつの間にかかなりの声を出していた事を、知る。
その時に、こんな体勢で貫かれ続けながら、身体のどこにも無理を感じていない事に気付いた。
以前のわたしなら、とっくに音を上げている。
これは柔軟運動の効果だろうか…と、ぼんやりと考える。

彼の顔が、すぅっと無表情になった。
瞳が、黒曜石になる。
あ、来る、と思うや否や、奥深い処にペニスが突き入れられる。
わたしは、力の限りタオルを噛み締めた。
喉が、反り返り、背筋が、軋んだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。