FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憎悪...(3)

2008/06/22(日) 03:03:48
母親が再婚した後の事。

電話でいきなり、男との性生活の話をされた。
わたしは、暫し絶句した後、声を絞り出した。

『そういう話は、聞きたくないんだけど』

母親は、笑った。

『いいじゃなぁい。
 こんな話出来る友達、
 あんたしか居ないんだもぉん。
 それにさ、あんたの方が経験豊富でしょ。
 色々教えてよぉ』

『ぶっ殺す…』
わたしの中で、血の臭気が立ち上る様な声がした。
わたしの無言を承諾と取ったか、母親は男とのセックスがどんなに素晴らしいか、喋り始めていた。
話す内容の時系列から、やはり離婚前から関係があった事が判る。

『これがイクって事なのかなぁって思った』
『えっ、そうなの?』

思わず反応してしまった。

『その口ぶりじゃあ、あんたとっくに
 イクって感覚、知ってたんだね。
 ねぇねぇ、誰との時にイッたのぉ?』
『…旦那だよ』

嘘だったが、ここでわたしの過去の性体験を、披露する気はなかった。

『お父さんは最悪だったよぉ。
 どこも気持ち良くならないの。
 自分だけささっと済ませて
 すぅぐ寝ちゃってたしね』
『…レイプされたんじゃなかったのかよ』
『あら、いやぁねぇ。
 そうじゃない時もあったのよぉ。』

孕んだ時だけ、たまたまレイプだったという訳か。
なるほど、なるほど。
もの凄い命中率だな。

『今思えば、お父さん下手だったんだね。
 ○○さん(父親の女)も、若いのに可哀想よねぇ。
 ところであんた、やっぱり○○さん(元夫)が
 一番上手なの?一番いい?』
『…他の奴の事なんざ、もう忘れたよ』

錆び付いた金属が軋む様な音が、頭の中に響き渡る。
これが…わたしの初潮を、忌まわしいものの様に扱った人物か。
これが、わたしが鏡を覗き込む度に吹っ飛んで来て、色気づくなと怒り狂っていた人物か。
これが…これが、わたしの母親なのか…。

『あらそうなの?
 私の場合はね、○○さんはとっても
 優しいやり方する人でね』
『え、ちょっと待て』

聞き捨てならぬ事を聞いた。

『○○さんて、あの○○さんのこと?』

それは、わたしの大学時代、母親が仕事の関係で親しくしていた人物の名だった。

『そうよ』
『…○○さんと寝てたの?あの頃に?』
『だってぇ。淋しかったんだもぉん。
 お父さんとはもうしてなかったし、
 私だって女なのよぉ?』

視界が、すうぅっと暗くなった。
怒りで目が眩むって、これかぁ、と思った。

『離婚の時…親父は散々浮気したけど、
 自分はそういう事一切してないって言ってたよね?』
『あれはまぁ、嘘も方便ってね』
『それに、さっきから聞いてりゃ○○(男)とも、
 離婚するまえからヤってるんじゃん』
『…えへへぇ、まぁね』

『ぶっ殺してやるッ』
迸りそうになる言葉を、奥歯で噛み殺す。
怒鳴りそうになるのを、必死で堪える。

『それじゃ、親父にだけ非があるっつって
 慰謝料取るの、随分と卑怯なんじゃないか?
 あんた結局、男が出来たから
 別れたくなってるんじゃん。
 離婚条件を、見直すべきだよ』

その途端、母親の声のトーンが変わった。

『親のやる事に、子どもが余計な口出しなさんな』

キレた音は、本当に『ぶちっ』と聞こえた。

『何だそれ。
 散々女友達扱いして好きな事喋っといて、
 都合が悪くなりゃ子どものくせにってか』

何か反論していたが、それはもう憶えていない。

『もうこれ以上あんたとは話したくない』

そう言って、電話を切った。

トイレに駆け込み、嘔吐する。
嘔吐の合間に、声が漏れる。
わたしは、泣いていた。


母親に、殺意に近い程の憎悪を抱いていて…もうこの感情をどうする事も出来ないと、はっきり認識したのは、この時だった。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/119-f5445876
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。