FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片付け......(1)

2008/09/16(火) 16:25:38
早速彼は、テキパキと動き始めた。
小さめのダンボール箱や紙袋をわたしに用意させ、

  ここにある書類は、全部これに入れるぞ。

とか、

  これには本を入れていく。
  後でまとめて本の部屋に移す。


とか言いながら、その手を休める事は無い。

最初は、彼の周囲をウロウロしていたわたしだが、生理痛がぶり返して来て、呻きながら蹲ってしまった。
そんなわたしの傍らにしゃがみ込み、無造作に髪を掴んで顔を上げさせる。
わたしの苦痛の表情をざっと観察した後、徐に口を開く。

  痛むのか。

  …うん…。

  どんな痛みなんだ?

  …んー…。
  とっても鈍い痛み…。
  例えるなら…んー…。
  …鈍りまくった刃物で…。
  子宮をグリグリ抉られてる様な…。
  そんな感じ…。


  ほう…。

彼の表情に、じわじわと喜悦の色が広がってゆく。
それを見ながらわたしは、本当にこの人は、わたしが苦痛に苛まれるのを見るのが好きなんだなぁ…と、他人事の様に考える。
突然彼は、子どもが興味を失った玩具を放り出す様に、わたしの髪から手を放して立ち上がった。

  もういい。
  お前はそっちでくたばっとけ。


  え…。

彼がわたしに、横になっていても良いと言っているのだと気付くまでに、少し時間がかかった。
苦しむわたしを見る事を愉しむ彼が、わたしに、楽にしていていいなどと言うとは思わなかったのだ。
とは言え、やせ我慢が出来る程の体調ではなかったので、お言葉に甘えて、床の上に横にならせて貰った。


彼が片付ける物音。
彼に着いて回る犬の、せわしい足音。
彼の鼻歌や、犬に話しかける声…。

下腹部を抱え込み、カブトムシの幼虫の様な姿勢で転がったまま、ぼんやりと耳を傾ける。
ふと、目の前に転がっていた本を手に取り、パラパラとめくる。
そのまま、読書に軽く没頭してしまう。


  てめえ。

突然、彼の声が頭上から飛んで来て、頭を踏まれた。

  俺を働かせておきながら、
  てめえは読書たぁいい度胸だなぁ。
  あ?


  ご…ごめんなさいごめんなさい。
  ついつい手持ち無沙汰で…。


満開の笑顔でわたしの頭を踏みにじり、表情を変えぬまま足をどけると、言う。

  …いいなぁ。
  土足で踏める女。
  愉しい。


言われてみると、彼はまだ靴を履いたままだった。

以前のわたしなら、誰かにふざけて足で突かれただけでも、むっとしていた。
それが、彼になら何をされても、不思議なくらい怒りを感じない。
不快感を得ても我慢するのではなく、不快感すら無いのだ。
これが、彼の全てを受け入れるという事なのだろうか…?

  まあいい。
  お前はそうして好きな事して
  くたばってろ。
  俺も好きにやらせてもらう。


機嫌よく言うと、彼は再び片付けに向かった。
彼の後ろを、犬が、弾む様な足取りで着いて行った。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/151-fd3f598e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。