FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗅覚

2008/10/27(月) 10:10:29
彼は、わたしを抱き寄せ、匂いを嗅ぐ。
逢うと、まずは必ずそうする。
まるで、犬の様だ。

わたしは、微かに緊張し、息を潜めて、彼の為すがままになる。
犬同士の挨拶は、優位に立つ犬が最初に下位の犬の匂いを嗅ぐ。
下位の犬は、上位の犬が思う存分匂うのを、おとなしく待たなければならない。
二人して、まさしく犬の様だ。

そうやって匂うと、わたしが彼の言いつけ通り、規則正しく生活していたか、食べるものに気を配って健康的に過ごしていたか、判るのだそうだ。


  んっ?

その日、彼はわたしを匂った後、ふと首を傾げた。

  いつもと匂いが違う…。

  あ…歯磨き粉、変えたけど…。

  そうか、それでか。
  わかった。


そう言って彼は、身体を離した。
頬を叩かれたり贅肉を抓られたりしなかったという事は、彼にとって不快な匂い…即ち、わたしの不健康さを感じる匂いはしなかったという事だった。

  …まさか…歯磨き粉が変わっただけで、
  わたしの匂いが変わるの?
  それがわかるの?


  ああ。

  ええーっ?
  なんで?


歯磨きをしたのは、家を出る前。
その後、煙草も吸ったしコーヒーも飲んでいる。
歯磨き粉の匂いが、残っているとは思えなかった。

  わかるさ。
  お前の匂いは覚えてるからな。


  ………殆どケモノだね。

彼は、声を上げて笑った。

  本能のままに生きてるからな。

わたしは、呆然として、ぽかんと口を開けて、彼を見つめていた。

彼の嗅覚の前には、どんな嘘もごまかしもきかない…。
そのことを、強く、再認識した。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/160-3184fa36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。