FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一人

2008/12/29(月) 21:47:42
低く呻き声を上げた彼が、ぐったりとわたしの上に覆い被さった。
わたしは、その背中を精一杯の力で、抱き締める。
荒い呼吸を整えながら、まだ凶暴な硬さを保ったままのペニスを、わたしの中から抜いてしまう。

  一発目から飛ばし過ぎだな。

彼が、苦笑交じりに呟く。
手を伸ばしてタオルを取り、互いの汗を拭き合う。

わたしは、さっき脳裏を過ぎった願望を、口にしてみた。

  ねえ…突かれてる時に、
  鞭とか蝋燭とか、欲しいな…。


  突いてる時にか。

彼は、ちょっと困惑した。

  突いてる時は、そっちに集中してえんだよな。

  …そっか。

何となく、予想出来た返答だった。
彼は、何かひとつの事をする時、それに全精力を注ぎ込みたいというタイプで、だから、行為をしながら撮影する…というような事すら、気が散ると言ってやりたがらない。

  それやろうと思ったら、もう一人要るな。

  え?

彼が、至極当たり前の事の様に言う。

  誰かにお前を突かせて、俺が鞭とかを使う。
  …いいなぁ、それ。
  別の男にやられて悶えてるお前も見たいしな。


ニヤリと、邪な笑みを浮かべる。

  お前、誰かそういう男、見付けて来いよ。

  わたしが他の男とやっても、平気?

  おう。
  寧ろ、やれと言いたい。
  そんなもん見せられたら、
  俺のチンポはきっとギンギンだぞ。


彼は、とても嬉しそうに言った。
わたしも、そんなわたしを彼がどんな表情で観てくれるのか、見てみたいと思う。

  でも、探せって言っても、
  どこで探せばいいのかな。
  …ハプ・バーとか?


  ああ、あれも一回行ってみてえんだけどな。

  Tさん、お酒飲めない癖に。

わたしは、かつては酒豪と呼ばれた事もあるが、彼は話を聞く限り、下戸と言ってもいい程、お酒には弱い様だった。
そのわたしも、元夫と別居し、睡眠薬を処方される様になって以来、晩酌の習慣は絶えて久しい。

  それより切実なのはだな…。

  お金が、無い。

  そこだ。

仰向けになった彼が、呟く様に言う。

  世の中広しと言えども、
  金が無いからSM出来ねえSMカップルなんて、
  俺らくらいのもんじゃねえ?


  ほんと、そうかもね。
  他の人のブログとか見てると、
  いろいろやってるけど、あれって結局
  お金あるから出来るんだなぁって思うもん。


  だよな。

暫しの沈黙の後、彼が、ぼそりと言った。

  お前も、金持ちのサディスト、探すか?

  嫌。

思ったよりも、強い言い方に、なってしまった。

  わたしは、Tさんに責められたいの。
  Tさんと一緒に、愉しみたいの。


それにわたしは、経済的に恵まれた生活も経験がある。
思えば、その生活を維持する為に、わたしはどれだけ、自分を殺し続けていた事だろう。
そして、その経済力を失った時、相手にはそれしか魅力が無かったと気付いた時の、何とも表現し難い空虚感。
更には、そんなものを相手の魅力に数え上げていた、自分に対する嫌悪感…。

それからすると、経済力には全く関係なく、精神的肉体的にわたしを満たしてくれる彼の存在は、どれほど大事である事か。
打算なく、純粋に彼だけを求める事が出来る今を、わたしがどれほど幸せに感じている事か。

  まあ、もう一人って話は、
  その内機会があればって事にしておこう。


  ああ。
  よし、風呂。


彼が勢いよく起き上がり、ベッドから降りた。

わたしは心の中で、先の言葉に補足を入れる。

  それに、この先、まだ叶えたい欲望があるって事は、
  それだけ日々の生活に対するモチベーションも
  上がるってものだし…ね。
  目標があるって、楽しいじゃないの。


そして、こんな考え方を教えてくれたのは、他ならぬ彼である事に気付いて、微笑んだ。




コメント

次がある
よかったね

みどり姉さんさんへ

コメント、ありがとうございます。
次がある…というのは、嬉しい事ですよね。
到達点に向けて、歩き続けていられるから…。
また覗いてやって下さいませ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/175-9657989e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。