FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪魔者

2008/12/30(火) 00:06:57
湯船に、のんびりと身体を伸ばす彼。
その足の間に、わたしも身体を滑り込ませる。
他愛もない雑談で、緩やかなひと時を過ごしている時、ふと気付く。
鬱陶しく思いながらも、既に馴染み始めていた感覚が、消えている。
手を、左目の下に当てる。

  …痙攣、とまってる…。

  痙攣?どこが。

  うん、ここ1週間くらい、ずっと瞼がピクピクしてたの。
  もう鬱陶しくてさ。
  それほど目を酷使した訳でもなかったし、
  ダイエットで栄養不足になった所為かとも思ってたけど…
  何かのストレスだったのかも。
  完全に止まってる…。


先ほどの不思議な感覚といい、ストレス過多の兆候が、セックスでおさまるとは…。
わたしは、セックス依存症にでもなりかけているのだろうか。
ふとそんな不安が兆す。

けれど、それでも別に良いではないか。
彼は、貞淑な女など求めてはいない。
本能のままに快楽に溺れる、淫乱な牝犬を、欲している。
そして更に、彼自身の旺盛過ぎる性欲を持て余し、欲望のままに突き入れ、責め立てられる女を求めているのだ。
そんな彼がわたしの傍に居てくれる間は、セックス依存症であっても構わない、と、思う。

湯船の中で、手を使って彼のペニスを弄ぶ。
こうして、完全に寛いでいる彼自身の弾力を愉しむのも、大好きだ。
彼が、腰を浮かせて、ペニスを水面に出す。
わたしは、それを口に含んで、優しく扱く。
亀頭を吸引して、ちゅぽん、と離す。
繰り返す。

  ああ、それ…それが気持ちいい。

  ん…これ?

嬉しくなって、もっと繰り返す。


ふと、以前彼が、三穴制覇したい、と言っていた事を思い出す。

  口と、まんことアナル三箇所で出すんだ。
  1回のセックスで、だぞ、当たり前だろう。
  1回で3発、でなきゃ制覇とは言えん。
  出したら、そこには旗を立てる。
  お子様ランチの旗だ。
  制覇した証だよ。
  アナルの開発もだが、それよりお前、
  フェラチオ特訓しておけよ。
  口で逝かせるには、俺のチンポはしぶといぞ。


口だけで彼を逝かせるには、どれだけ特訓しなければならないか、ぞっとしながら、

  それ、やるんなら、直前1週間くらいは
  オナニーしないでいてよね…


と頼んだ事を、思い出す。


次第に漲って来る彼のペニスを、喉の奥まで飲み込む。
素早く頭を上に動かし、唇を滑らせる。
お湯が、ちゃぷちゃぷと眠たげな音を立てる。
口も、性器なのだと思う。
でなければ、しゃぶっているだけで、こんなに気持ち良くなる筈がない。
昂ぶってくる。
昂ぶりを、唇にそのまま乗せて、頭を激しく上下させる。
首を使って角度を変えながら、夢中で動かす。

また、引っ掛かる様な違和感を覚え、我に返る。

  ごめん、歯が当たった…。

  いや、大丈夫。

  ほんとに…?
  わたし、八重歯があるから…。


過去の男には、よく『お前は歯が当たって痛い』と言われていた。
それから考えると、わたしが『当たった』と認識出来る程の感触にも痛みを感じないなど、彼のペニスはどれだけ頑丈なんだ…と、驚嘆すら覚える。
それと同時に…。
今まで長年付き合ってきて、その存在にはすっかり慣れていた八重歯を、初めて非常に疎ましく感じた。
このままでは、情欲の赴くままにフェラチオが出来ない。
彼ではないけれど、それこそ『気が散る』。
邪魔だ。
…抜いてしまおうか…。
そう思いながらわたしは、八重歯を、舌先でそっと撫でた。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/176-f4f4cdbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。