FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬...(1)

2009/11/18(水) 17:35:58
次に引っ越す家を探すに当たり、何よりも障害となったのは、大型犬の存在だった。

周囲の人は皆、里子に出すべきだとアドバイスをくれる。当然だ。
けれども、わたしには、どうしてもその決心をする事が、出来ない。

前の仕事を辞めた後、生ける屍の様になっていたわたし。
犬と猫が居なければ、わたしはここを乗り越える事は、出来なかった。
あの時期、わたしに微笑を浮かべさせてくれていたのは、犬と、猫だった…。

猫も、犬も、もう年寄りだ。
最期は、わたしが看取ってやりたい。
その思いが、強い。
それがわたしの、義務だと思う。


そんなある日、犬の食欲が、激しく減退している事に、気付いた。
普段は、意地汚いといってもいいほど、食欲旺盛な犬だ。
絶対に、おかしい。
何かの病気に罹っている。

脳裏で、何かが、囁く。

  このまま、気付かないフリしていれば…
  このコは死んで、家は見つかるよ…
  猫だけなら、何とかなりそうじゃない…?

  もうそろそろ、突然死んでもおかしくない
  年齢なんだし。この犬もさ…

  犬より、自分のこと考えなくちゃ…

囁き声は、日毎に大きくなる。

  あの時わたしを助けてくれたのに
  あれだけわたしを励ましてくれてたのに
  見殺しにするんだ…?

  見殺しに、するんだ…?

  最低。
  最低。

わたしを非難する声も、聞こえる。

  でも…どうするの…?
  どうするのが一番いいの…?

葛藤の中で、それでも何にも気付いていないフリをして過ごしていたある日。
とうとう、目に見える症状が、出た。
病名に思い当たると同時に、すぐに手術しなければ、犬は間違いなく命を落とすと判った。

明らかに犬の死を望んでいたくせに、それがいよいよ現実味を帯びた途端、わたしは激しく狼狽した。
彼に、メールする。

  (犬の名)が、死にそうです。

  まじか。
  病院に連れて行かんのか。


  だって…次に住む家も見つからないし…
  それにこれ、絶対に手術になります。
  お金がどれだけ飛ぶ事か…


  どのくらいかかるんだ?

わたしは、それまで動物と暮らしてきた経験から、推測される金額を伝える。

  そんなにするのか…

ぐったりと横たわる犬の傍で、檻の中の白熊の様に、ウロウロする。
しゃがみこんで、犬を、そっと撫でる。

  (犬の名)…

低く、呼びかける。
犬は、頭を上げて、カラカラに乾いた鼻をわたしに押し付け、力なく掌を舐める。
どうすればいい?
わたしはどうするべきなのだ?

決まっているだろう…?

心の進路が、一方向に収束し始めた時、彼から、メールが入る。

  病院に連れて行くだけでも、駄目か?
  獣医に事情を正直に説明するってのは?
  後で後悔しない方法を、考えるべきじゃないか?


まさに…わたしが出そうとしていた結論そのものだった。
行動に起こそうとしていたわたしの背を、トンと前に突き飛ばす言葉だった。

  行って、相談してみます。

わたしは勢いよく立ち上がり、動物病院に行く支度をし始めた。






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/196-3977ddf6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。