FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すれ違う

2009/12/26(土) 02:35:10
Sと、もう一人のゲーム仲間とのミニオフ会の日。

現地の駐車場で待ち合わせる事になっていたが、Sは、寝坊したという理由で遅刻してきた。
Sは、もう一人を宿泊先からピックアップした後、わたしと合流する事になっていた。
そこは、わたしの家からも車で2時間ちょっとかかる様な場所だったから、わたしは、現地で独り、3時間程の待ちぼうけを食らった事になる。
けれどもその日は、初対面のゲーム仲間が、とても気さくな女の子だったので、合流した後は楽しい時間を過ごす事が出来た。
後日、彼女のSNSの日記で、わたしの事を「ゆったり話す、もの静かで落ち着いた人だった」と評価しているのを見て、初対面の人に、奇異な感じを与えずに済んだ様子に、安堵した。

  だから言っただろ。
  お前は、第一印象でいきなり
  嫌われる様な奴じゃないってさw


  うん…安心した…。

  ゲームの中でも、
  お前と同じパーティに入ったことのある奴で、
  お前を悪く言う奴はいないぜ。
  それどころか、慕われてるじゃん。
  自信持てって。


  うん…いいのかな…自信持って…。


また、Sからの突撃を受けた際に約束した、近所の人が庭木の剪定をしに来てくれる日には、わたしが庭に出て作業の様子を見ていると、隣近所の人も出て来て、声を掛けてきた。
皆、家にひきこもって姿を見せないわたしの事を、とても心配していた事を、知った。
それだけではなく、結果的に、この時の近所の人との会話から、わたしの次の就職先までも決まったのだ。
わたしの周囲で淀んでいたものが、Sの突然の来訪を機に、一挙に動き始めた印象が、あった。

  これも、Sさんのお陰だよ。
  あの時、外に出なければ、こうならなかったもん。


  やー、大した事はしてないっすよw


その一方で、Sとのメッセでの会話に、わたしは、不満の様なものを感じ始めていた。

共通の話題は、ゲームか、ゲームプレイヤー同士の恋愛沙汰話。
わたしは読書好きで、Sも好きだというから、面白かった小説などの会話をしようと考える。

  ○○(作家名)のなんか好きで、
  片っ端から読んでる最中。


  あー、俺も好き。

  ○○(小説名)が特に好きかな。

  あー、あれは良かったよな。
  俺も好きだ。


  あ、やっぱそう思う?
  どのシーンが好き?


  もう忘れたw

  え…?

とか

  ○○(作家名)はお勧めだぞ。

  あー、○○(小説名)しか読んでないな。

  えー、○○(作家名)なら○○(小説名)
  読まなきゃ駄目だろー!


  そうなの?
  じゃ、今度探してみる。
  どんな話?
  触りを教えて。


  忘れたw

  え…?

とかいう状態になり、会話にならない。
もしかして、わたしと会話するのは嫌なのだろうか…とも思って、Sがサインインしても、こちらから話しかけるのを遠慮していると、どうしたんだ、と、声を掛けてくる。
離婚の話、あれから旦那と話し合ったか?などとも訊かれる。
どういう話になったかを説明していると、Sからのレスポンスが途絶えるか、「へー」とか「ほー」とか「www」とか言う相槌だけになったりする。
あれ…?と思っていると

  やー、何かあっちこっちから
  話し掛けられて、大変www
  今、会話ウィンドウ5個開いてるwww


などと言われる。
離婚の話は、腰を据えて聞いて欲しいと思うから、わたしは、じゃあそっちを優先して、落ち着いて話せる様になったら呼んで、と、Sとの会話を放置して、他の事を始める。

  まだ居るか?

  …あ、うん。
  話してもいいの?


  ああ。
  話せば楽になるだろ。
  俺には、聞いてやるしか出来んけど。


  …楽になるって言うか…
  話しているうちに、
  私の気持ちが整理されて、
  本心が見えて来る感じがする。


  ん、話しな。

そこで、話し始めると、またレスポンスが悪くなる。

  どうかしたの?
  大丈夫?


と訊くと、

  ごめw眠いwww

と返ってくる。
それじゃあまたの機会に…と、会話を終える…。

こんなすれ違いばかりが、続いていた。

それでもわたしが、Sとの接触を絶とうとしなかったのは、いつかセックスしたいとだけ考えていた訳では無い。

Sは、わたしの元夫と同い年だった。
しかも、会社を経営していた事がある、とも言っていた。
その会社は、将来性に影が差した時に、すぐに閉めたという話だった。
当時、元夫がわたしに申告していた離婚の理由は、会社の経営が上手くいかず、巨額の借金を背負う事になりそうだから、わたしに迷惑をかけない為に別れてほしい…というものだった。
わたしは、そんな理由では別れられない、借金は一緒に働いて返せばいい、と、突っぱねていた段階だった。
だから、わたしがSに相談する時は、ただ共感して欲しかった訳では無い。
話せば楽になる…という類の状態では無い。
似た経験をした男性の立場から、意見を聞きたいという気持ちが、大きかったのだ。

メッセンジャーでは、そんな機会には恵まれないに違いない。
そう判断した私は、Sに、直接会って話を聞いて欲しいと申し入れた。
結果、わたしとSの家の、中間地点にある街の駅で、Sの仕事が終わった後に落ち合い、一緒に夕食をとろうという事になった。

  いつか、お前を抱きたいと思う。

Sの言葉が、脳裏を過ぎる。
そのいつかは、もしかしたら、今夜かも知れない…。

夫の事を相談するというのに、こんな事を考えるわたしは、何とふしだらなのだろう。
そう思いながらも、何故か出掛ける直前に入浴する。
そんな自分を嘲笑しながら、身支度を整えて、待ち合わせの駅に向かって、車を走らせた。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/206-f05ba91d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。