FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活する

2009/12/29(火) 00:56:53
その件から約1ヶ月半は、わたしも新しい職場に慣れるのに必死で、直面している数々の問題を、無視する事が出来ていた。

朝、早起きして仕事に行く。
夕方から夜にかけて帰宅し、少し自由な時間を過ごして、寝る。

Sの居ないメッセに上がって、居合わせた誰かと話をしても、日付が変わる前には会話を辞して床に就く。

週末の膨大な自由時間を持て余す他は、ただひたすらに、淡々と、社会人としてやり直す事だけに、注力していた。

ゲームへの参加も、控えていた。
参加すれば、規則正しく生活する事が難しくなるのは、目に見えていたからだった。


そんなある日、やっとSが、メッセンジャーに現れた。

  お前、尊敬されてるなwww

  あ…!お久しぶり!
  で、藪から棒に何の話よ?w


  ここ、見てみな。

教えられたURLを見に行くと、バトルが終了したパーティの、フリータイム中の会話を閲覧する事が出来た。

  あ、ゲームに復帰してたんだ?

  うんw

そう言いながら、会話にざっと目を通す。
その中では話題が、尊敬するプレイヤーの話になっており、一人のプレイヤーがわたしの名を出してくれていたのだった。
そのプレイヤーのIDを見て、わたしは微笑んだ。

  あー…この子、続けてるんだねー。
  良かった…。


以前、同じパーティでプレイした時、初参加で勝手が判らずテンパっていた様子だったので、ちょっと手助けしたプレイヤーだった。
かつてわたしが初心者で、どうして良いか判らずにオロオロしていた時も、さりげなく助けてくれたベテランが居た。
そのベテランのお陰で、わたしは、途中で挫けずに最後までバトルを楽しむ事が出来たばかりか、それ以降もこのゲームを続けようと考えられる様になった。
わたしよりキャリアの短いプレイヤーを手助けする事は、あの時にわたしを助けてくれた、ベテランに対する恩返しの様なものだった。
それを、尊敬している人…なんて言われて名を出されると、何ともくすぐったい気持ちになってしまう。
照れ笑いしながら会話を読み進めていたわたしは、それに続くSの言葉に、眉根を寄せた。

  あー、しのぶなー。
  俺、よく知ってるwww
  あいつ、俺には逆らえないんだぜい♪


まただ…。
また、こういう事を言っている…。
Sが参加したバトルの後、わたしの名が出されると、わたしと親しくしている…と言い出すのは、それまでにも何度か目にしていた。
その度に、わたしの中で、不快感が一瞬身じろぎするのを感じていた。

それは…わたしがどういう風に言われているか、という問題ではなく…。

例えるならば、芸能人や有名人と親しいのだとアピールして、「えー、すっごーい!」と言われると、自分が凄い様に錯覚して悦に入る人物に対する不快感だ。
わたしなどは、こういうタイプの人に会うと、(別にあんたが凄い訳じゃないじゃん)とか(だから何だよ?)とか考えてしまう。

  またこんな事言ってる…。
  みっともないから、やめた方がいいよ。


  えーw別にいーじゃんwww
  それとも、真の姿がバレそうで怖いか?www


ああ…駄目だ。
わたしの言いたい事は、伝わっていない…。
けれども、久しぶりに会えたSに、いきなり文句を言い続けるのも憚られたので、それ以上は何も言わなかった。

  わー!
  なんか皆が一斉に話しかけてくるwww
  大変wwwww


これは、予想がついた事態だった。

  皆、Sさんが来るのを待ってたんだよ。

  そうなんかなw
  ただの軽いオッサンなのにwww


そう…。
何故、Sとの会話を、こんなに心待ちにしてしまうのだろう…?

わたしの場合は…やはり、わたしの全てを理解してくれるのは、この人をおいて他には居ない、と思っているから。

だとすれば、他の子たちは…?

Sと会話する子の多くは、同じゲームをしている、わたしよりはるかに歳の若い、女の子プレイヤーだった。
そしてわたしは、彼女らの話を、Sから、

  お前だから話すんだけどさ…

という前置きと共に、よく聞いていた。
誰の事を好きか。
誰と付き合っているか。
どんなデートをしたか。
今の悩みは、何か…。

Sは、他の女の子に対しても、自分を理解してくれるのはこの人だけ、と思わせている。
だから彼女たちは、Sに込み入った話を聞かせているし、Sがメッセに上がれば、喜んで話し掛けて来ている…。

ところで、このわたしの、不快感は、何だろう…?

嫉妬だろうか…?

いや、そんな単純なものでは、無い様な気がする…。



…ふと時計に目をやり、慌てた。

  あ、わたし、そろそろ寝なくちゃ。
  明日も仕事だし。


  おー、頑張ってる様だな。

  うん、何とか上手くやってるよ。

  そかそかw
  ま、俺も何とか元気だからさ。
  またゆっくり話そうぜwww


  ん、了解。そんじゃ、またね。

わたしは、もやもやとした気持ちを抱えたままサインアウトし、PCの電源を落とした。
暫く思案するが、もやもやの原因が、どうもよく解らない。

  …ま、いいか。
  Sさんが復活した事を、喜ばなくちゃね…。


そう口に出して思考を打ち切り、歯磨きをする為に、立ち上がった。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/212-8b65e796
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。