FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして、今

2009/12/29(火) 07:34:47
こうして、一連の流れは、このブログの一番最初の記事へと、結びついてゆく。
最初の方の記事を自分で読み返してみると、わたしはまだまだ、Sに気持ちが残っている様子だ。
けれどもそれも、今にして思えば、Sを憎みたくない…という一心で、己に一生懸命、言い聞かせていたのもあるだろうと思う。


そして、現在。
彼との付き合いは、もうすぐ2年になろうとしている。
わたしは、自分の住む場所がどうなるか判らず、仕事も辞めて、失業者として暮らしている。
けれども何故か、心の中には、光が満ち溢れている。
自分が、どういう風に生きていきたいか、それを見付ける事が出来たからだと思う。


職を失って暫くしてから、彼が、わたしに訊ねた。
わたしの家で、対戦ゲームをして遊んでいる最中だった。

  お前、今でも死にたい、とか
  考える事あるのか?


  ん…?
  そう言えば、最近はあんまりないかな…。
  たまーに、ふと考える事もあるけどね。


  そうか。
  もしもお前、自殺するなら、
  今から言う事は、必ず守って貰う。


  …なに?

  まず、携帯からもPCからも、
  俺に関するデータを完全に消去する事。
  俺んとこに警察が来たりとか、
  そういうのは迷惑だ。


  …ん、わかった。

  それから、これが一番大事なんだが。

  うん。

  PS3を、俺んとこに持って来ておく事!

わたしは、一瞬絶句した後、爆笑した。
少し離れた場所で寝ていた犬が飛び起き、尻尾をブンブンと振りまくりながら、彼とわたしの間にドカンと割り込んで来た。
こいつは、わたしたちが笑っていると、自分もとても楽しい気分になる様で、こうして無理やり参加しようとするのだ。
お陰で、並んで床に座っていたわたしたちは、軽く吹っ飛ばされて転がる。

  だって死ぬんならもうゲーム要らねえだろうが!
  俺が、お前の分も、たっぷりと
  楽しんでやるからよ!


彼が、体勢を立て直しながら、言う。
わたしは、犬に顔面をベロベロ舐められながら、笑い続ける。
そして、答えた。

  うん、わかった。
  ソフトも忘れずに、一緒に持って行くね!








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/216-db4e1b5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。