FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のために

2010/01/06(水) 00:11:24
病院で、カウンセラーさんと話していて、気付かせて頂いた事がある。

それは、わたし自身が決断して行動に移した時には、
必ずと言って良い程、事態が好転する事だ。
好転まではしなかった場合でも、必ず何か得るものがある。

それが一番実感出来るのは、彼だ。
わたしからメールを出さなければ、
彼との出逢いが無かった事は、間違いない。

逆に、周囲の言うなりになった結果や、
わたしが甘えたくなって周囲に流された結果は、
不思議な程に、後々にわたしを苦しめる事に、なっている。

このパターンを一番実感出来るのは、Sだ。
乗り気でなかったわたしとメッセで繋がる為に、
他の友人を使うという方法でアプローチされ、
断り切れなくなって渋々応じた結果が、これだ。

その他、仕事に関してもプライベートに関しても…。
振り返って見れば、本当に、見事な程
カウンセラーさんの指摘の通りなのである。

そう言うカウンセラーさんにしても、
自分が注意欠陥障害ではないかと気付いた際に、
そのまま二次障害に突入してうつ状態に陥り、
幻聴らしきものまで聞こえ始めた時、
このままでは拙い、と、ネットで情報収集した結果、
選んで通院し始めた病院で出会った人なのだ。

精神を病んだ場合、医師やカウンセラーとの相性が悪く、
病院ジプシーとなってしまうケースも多い…と聞く中で、
初めて行った病院で、そのまま頼りになるケアを受けられるというのは、
きっととてもラッキーな事なのだと、常々思っていた。

よくよく考えると、結婚にしても、そうだ。
わたしは、自分で、この人と結婚したいと決めて、
元夫に接する様になった。
結婚生活中や、離婚に至る過程で、
悲しかったり悔しかったり、落ち込んだり怒り狂ったりもしたし、
今は莫大な借金を押し付けられ、
生活の基盤を破壊されまでしているけれど、
結婚生活そのものを記憶から削除してしまいたい、とまでは、考えていない。
あれだけの期間、無駄に過ごしてしまった…とは、考えられないのだ。


今までのわたしは、自分の力で何かを為し得ても、
それはわたしの力ではない、と否定されてばかりいた。

学業の成績を、着実に上げていった時。
母は、今回は周囲の成績が悪かっただけだと言ったり、
一番ではないから意味が無いと言ったり、
時には、神様のご加護のお陰だなどとも言って、驚かせてくれた。

会社を興して、何とか軌道に乗せた時。
元夫は、わたしが優れた経営者だからではなく、
自分がブレインについているからこそ出た結果だ、と言った。

わたしは、自分に自信を持つ機会を、悉く奪われている状態だったのだ。

けれども、わたし自身が行動を起こせば、
何か必ず良い結果を生むものがある。
己の選択に、わたしはもっと自信を持っていい。
自信を持って、生きていっていい。


わたしは、わたしが快適に暮らせる生活を構築する為に…
自分で考え、自分で決めて、仕事を始める。


デリヘル嬢。


それが、わたしが決めた、わたしの新しい仕事である。






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/219-c5d7751f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。