FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罵倒される

2010/01/20(水) 17:49:38
Sとの会話が減った理由には、その内容が結局、彼に対する罵倒になる…というのも、あった。

彼の性癖をどうこう言うのは、まだ我慢出来た。
彼が普通でないのは、彼自身も自覚している事実だったからだ。

一番我慢しかねたのは、金銭的な問題だった。


わたしがゲームに参加しなくなった以上、Sとの共通の話題は乏しくなる。
わたしの方から読書を話題にしてみても、会話にならない有様だったし、Sから芸能人の話題を振られても、わたしにはテレビを観る習慣がないので、話が全然解らない。
近況を語ると、わたしの方はどうしても彼の話になってしまう。
そんな中、ある時Sから言われた言葉は、わたしの度肝を抜いた。

  そんだけ頻繁に会ってると、
  彼氏もホテル代大変だなwww
  どんだけ金持ってんだ?


  え…割り勘だよ?

  はあ!?
  割り勘って、ホテル代?


  うん。

  何だそりゃ!?
  ホテル代を女に出させるなんて、
  どんだけ情けない男なんだよ!
  やめとけよ、そんな男!!


これにはわたしは、とても面食らった。


彼と初めて逢った時、わたしたちは、完全に時間を忘れて互いを貪り合った。
その結果、ホテルの料金は、言葉を失う様な金額になっていた。
彼は、何気ない様子で精算を済ませていたが、その後、彼から流れてくる空気の様なものに、わたしは、動揺や落胆の匂いを感じ取った。
だから、車に乗ってから、彼に半額を差し出した。

  これ…もし良ければ、受け取ってくれる?

  え。いいのか?

  …うん。

彼は、ほうっと息を吐き出して、言った。

  ありがとう。
  正直、凄く、助かる。


この時、わたしは、彼に対してとても好感を持った。
自らの性癖を含め、わたしに対して、何ら取り繕う事なく、妙な見栄をはる事なく、自分の何もかもを曝け出している事が、解ったからだった。
それからは、二人で逢う時の会計は、割り勘が当然となっていたのだ。


バカ正直に、こんな事言うんじゃなかった…と後悔しながら、わたしはSに反論する。

  だって…彼だって、そんなに
  経済的に裕福な訳じゃないのに、
  ホテル代は全部向こう持ちだなんて、
  無理させる事は出来ないよ。


  男ならな、そこは無理をしてこそ、
  真の男なんだよっ!
  その調子じゃお前、交通費も貰ってないだろ。


  えええ?
  そりゃ、わたしの車使ってるんだし、
  それにわたしが逢いたくて行ってるんだから、
  わたしが払って当然じゃないの。
  交通費って、何それ。
  何でそんなもの貰わないといけないの?


  はああ!?
  やめとけやめとけそんな男。
  そんな状態に甘んじてるなんて、男じゃねえ。
  俺がお前と一緒の時、金使わせた事があるか?
  交通費も出してやってるだろうが!!


わたしは、絶句した。
Sは、それをわたしが不愉快に思っているだなんて、夢にも思っていないのだ。
もともとわたしが、相手の性別に関係なく、割り勘の方が気楽なタイプである事を、理解しようともしていないのだ。

  …そんなの…わたしちっとも嬉しくない。
  わたしは、割り勘が好きなんだよ。
  奢られると、気が重いの。
  気楽に誘えなくなるから。


それに…
言い続けそうになった言葉を、わたしは飲み込む。

金銭的な負担を被る事だけで、俺は真の男だなどと嘯けるなんて、とても軽薄だ。
もっとも、そんな事でしか優越感を味わえないのなら、しょうがないけれど。
でも、それを、そうではない人間にまで押し付けて、他人を批判する材料にするな。

と。

この時の会話は、どういう風に終わったのか、記憶にない。
けれどもこの時から、Sとの会話が苦痛になり始めた事は、間違いないと思う。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/221-59602730
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。