FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒る...(1)

2010/01/21(木) 00:56:06
元夫との離婚が成立してから暫くして、ついに、Sとの関係において決定的とも言える出来事があった。

当時乗っていた車のローンが支払えなくなったので、乗り換えて欲しいと、元夫から連絡があった。
査定価格から、ローン残を差し引いた金額で買える車を、探さなくてはならない。
わたしがローンを組む事は、出来ない。
元夫の自己破産が成立すれば、わたしも連鎖破産せざるを得ないからだ。
諸々の事情もあり、次の車を入手するまでの猶予は、3週間弱……。

わたしの住む地域は、冬になれば、当たり前に積雪や凍結に見舞われる。
車でなら片道20分の職場は、公共の乗り物を使うと片道3時間にもなる上に、バイク通勤は禁止されている。
限られた予算内で、それなりの性能の車を、大至急探して手に入れなくてはならない。

連日、ネットで中古車情報を当たっては、電話等で在庫確認をして…という作業に、追われ始めた。
良さそうな車を見つけ、連絡を入れると、もう売れたと言われて落胆する。
そんな毎日を、過ごしていた。

  次の車は、何にする予定だ?
  予算は?
  俺も、別ルートで当たってやる。


  え…いいんですか?

  ああ。
  お前の車、即ち俺の車だ。
  だから手伝ってやる。


  ……ジャイアンですか…。

という様なやり取りがあり、彼も、車探しに協力してくれていた。


そんな時、Sから連絡があった。
仲間内でパーティを立てる企画があるから、それに参加しろ、との事だった。
そのゲームを嗜む者にとっては、記念的イベントになる為、状況さえ許せばわたしも、多少夜更かしになろうとも、大いに参加したいバトルではあった。
けれども、そんな事を言っている場合では無い。
メッセを立ち上げ、Sに繋ぐ。

  ごめん、すごい参加したいけど、
  今、そんな状態じゃないんだ。


  ん、どうした?

  実は、これこれこうで……。

  あらー、それは大変だなぁ…。
  じゃあさ、やっぱ参加するっきゃねえって。


  は…?

  そういう大変な時こそ、息抜きが必要だろ。
  楽しい事して、ぱーっと元気出さんと。
  な、だから、参加しろ!
  いいな!


わたしの奥歯が、ギリッと音を立てた。

  あのさー…。
  本当に、ゲームしてる場合じゃないの。
  次の車を見つけるので、精一杯なの。
  車無いと、仕事もどうなるか判らない程の状況なの。
  だから、無理。
  悪いけど。


  んだよー。
  へタレ。
  根性なし。


この時、S本人が目の前に居たら、わたしは、微塵の躊躇も無く、その顔面を拳で殴っていただろう。
けれども、目の前にあるのは、残念ながらPCのモニターだ。
やっとの思いで、怒りに震える手で、返事を打つ。

  生活の基盤をブチ壊されそうな時に、
  ゲームで、どう根性を見せろと?


  やーいやーい、根性なしーw
  弱っちいのぉwww


メッセンジャーでの会話では、無理も無い事ではあるが、Sには、私が本気で切れた事が、全く伝わっていない様だった。

  根性なしで結構。
  それじゃ、忙しいからこれで。


会話を打ち切り、メッセを落とす。
気持ちを切り替えて、中古車情報検索に戻ろうとするが、手の震えが、止まらない。
この時、Sの言う「息抜き」とは、わたしの息抜きではなく、自分の息抜きの事を言っているのだ、と認識した。
自分がやりたい事を、わたしの為を思っての事だとすり替えて、その上に押し付けて来ているのだ、と。

怒りがおさまるまで、拳を握り締めて、家の中をウロウロする。
暫くそうしていて、ふと気が付くと、犬と猫が、ウロウロするわたしにパタパタと着いて回っていた。
それを見て、思わずぷっと噴き出し、ひとしきり笑った後、わたしはPCの前に戻り、作業を続けた。


  おい、この車、どうだ?

数日後、彼から、写メールが送られて来た。
その車の情報を見て、驚いた。
丁度、ネットで検索していたわたしが目を留め、ショップに当たろうとしていたのと、同じ車だったのだ。

  そうだったか。
  外から見た状態は、割といいぞ。
  車検切れだが、受けても予算内に納まるだろう。
  タイヤの溝の状態も、いい。
  当分買い換えずに済むと思う。


タイヤの溝…。
わたしは、そこまで考えていなかった。
そんなところまでチェックしていてくれた彼に感謝しながら、すぐにショップに連絡を入れる。

最終的に、この時の車が、現在のわたしの愛車となった。
彼は、出先で中古車屋を見かける度に、わたしの希望する車種がないか、あればどんな様子かを、チェックしてくれていたらしい。
そして、これはと思う車を見付けた。
ほぼ同時期に、ネットでわたしがその車を見付け、そして押さえる事が出来たのは、本当にタイミングがいいとしか言いようが無かった。


離婚後の最初の危機を何とか乗り越え、ひとまずほっとした私は、メッセを立ち上げた。
Sから、メッセージが飛んでくる。

  お前さ。A(他のゲーム仲間)に、
  イベントバトルに参加出来ないって
  ちゃんと言ったか?


  ん?
  Aさんなら、前にお誘いのメール来てたから、
  参加出来ないって返事しておいたけど?


  それだけかよ。
  ちゃんとメッセでも謝っておけよ。


  え?
  メール、届いてなかったの?
  Aさん、わたしの不参加、知らないの?


  いや、それはわからんけどさー。
  誘ってくれた人には、直接謝るのが礼儀だろうが。


  直接って…。
  メールもメッセも、同じ様なもんでしょ。
  メールだと失礼って事では、ないと思うけど…。


  はあ?
  メールでもメッセでも、謝罪するべきだろう。
  友達と言えども、礼儀は守らにゃ。


わたしは、眉を顰める。
こうしてわたしにお説教してくるという事は、先日わたしが本気で怒ったのに、全く気付いていない…という事だろう。
丁度そこに、話題のAさんがサインインして来たので、わたしは彼女にメッセを飛ばした。

  Aさん、お久しぶりー。

  あ、しのぶさん、こんばんはー。

  こないだはさ、せっかく誘ってくれたのに、ごめんね。
  何か今、すごい忙しくてさ。
  イベントだったし、残念だったんだけど。


  いやいや、忙しいならしょうがないよー。

Aさんは、礼儀知らずだとわたしに怒っている様子は、無かった。

  今、Aさんと話してる。
  改めて謝っておいた。


  ん、よしよし。

  Aさん別に怒ってなさそうだけど。

  怒ってるからとかじゃなく、
  こういう事は、メールでもメッセでも、
  ちゃんと謝るのが礼儀だろ。
  俺の言ってる事、おかしいかなぁ?


いや、おかしくないよ、ごめんね、とわたしが言うのを待っている…と感じたので、期待通りの返答をするのは、止めておいた。

  さあ?
  少なくとも、わたしと考え方が違うのは、確かだね。
  わたしは、お誘いメールに丁寧に返事した段階で、
  礼儀は尽くしたと考えてるから。
  わざわざメッセでも謝らなきゃいけない、とは思わない。
  今日みたく、たまたま会って会話すれば、もう一度謝るけれど。


  ともかくさ。
  お前が参加すると思って、
  楽しみにしていた奴らが居るんだから、
  皆にちゃんと謝ってやれよ。


この時何となく、Sは、参加メンバーに「俺が呼べば、しのぶは必ず来るからさ」と大見得を切ったのではないか…という気がした。
でなければ、わたしがゲームに参加出来ない事を、どうしてこういう風に詰られるのか、理解が出来ない。
わたしは溜め息をつき、ゲーム専用SNSにアクセスした。
Sの言う事はともあれ、このイベントのバトル結果を知りたいと思ったのだ。

だが、そこでわたしは、更なる怒りに見舞われる……。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://shinobu6478.blog52.fc2.com/tb.php/223-9a8ea606
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。